April 28, 2018

屋根より 高い こいのぼり。

もうすぐこどもの日ですね!

みんなの足型こいのぼり。

制作している様子をのぞいてみましょう!

5月の晴れ渡った空を描いています。

気持ちよくこいのぼりが泳げるように

大きく筆を運びます。

自分の好きな色で足型をとりましょう!

絵の具が足の裏に塗られていきます。

筆先が触れる感じ

ひんやりした感じ

くすぐったい感じ

意識が足の裏に集中しています。

ばっちり❗うまい具合にとることができ

ました。

ウロコをつけて出来上がり!

子ども達の健やかな成功を願った

愛らしいこいのぼり。

みんなの足の大きさの記念にもなりまし

た。

April 24, 2018

日差しの明るい窓際に

おままごと用の新しいキッチンが

入りました。

木の温もりある園舎に合う

木製のキッチンです。

IHコンロにはホットケーキがたくさん焼

けています!

洗い場には、アクリルたわしも。

お掃除までリアルに体験できますね!

待機している食材もたくさんあります。 

おままごとでゴッコ遊びをして

育まれていくコミュニケーション力。

たくさん遊んでほしいです。

卵焼きができたよー!と

スタッフに熱々をお届け。

「おいしいよー!ありがとう!」

の言葉がこころにまで届きます。

April 23, 2018

ペンをしっかり握りしめています!

「危ない!」と押さえているのではな

く・・

ペン先をトントンと誘導しています。

画用紙の苺に、つぶつぶが上手にできま

したね!

こちらは先日音パーティーで使った

お花紙です。ちぎって舞い上げて

遊びました。

その紙を再利用して、今度は

何ができるのでしょう!

ちょうど今の季節、たくさん咲いている

タンポポに変身しました。

いちごもおいしい季節ですね!

ばななくんも、園児達が作ったいちごに

囲まれて嬉しそうです!

April 20, 2018

保育士である彼女のお子さんは、

 

姉弟でばなな保育園に通っています。

 

実は働くタイミングはまだ先のこと

 

と、思っていたそうです。

しかし、ばなな保育園で保育士として

 

働くきっかけをもらったときに

 

「何て良い機会なんだろう!」

 

と思ったとのこと。

 

家で子ども達と四六時中一緒の生活は

 

「離れて働きたい」と思う時もあった

 

り。

 

けれど現実的に保育園へ、と思うと

 

「まだ離れたくない」と思う。

 

矛盾しているようだけど

 

母であり、ひとりの人間である以上

 

この思いは誰もが抱える思いでしょう。

 

けれど、ばなな保育園のスタッフになる

 

ことは、両方叶えられ...

April 19, 2018

月ばなな保育園では3回程度、お弁当の日

があります。

お母さん、どんな風にお弁当のお料理を

作ったのでしょう!

おままごとをしながら

お弁当の時間がとても楽しみです。

いよいよお弁当の時間。

お母さん、美味しそうに作ってくれまし

たね!

お弁当の日は、保育園でもそれぞれの家

庭の味を楽しみ、お父さんお母さんの愛

情を味わう日としています。

そして園児達の好みを知るためにも

一役かっています。

保育園では、給食だけでなく

お弁当で「食の経験」を大事にしていま

す。 

April 17, 2018

豊郷の一大イベント「暮らふと市」で、

「ばなな保育園を立ち上げることになっ

たんだけど一緒にやりませんか?」

人が活きる居場所へと結びつけることに

長けている園長から、そう声が掛かった

ことが、ここで働くきっかけでした。

当時、下の子はまだ5ヶ月。

まだまだ働く気はありませんでした。

10年間働いていた幼稚園は規模が大きく

ひとりで大人数をみる責任の重さから、

自分の子どもが小さいうちは

保育士として働くのことは

到底無理だと思っていました。

しかし話を聞いていくうち、園で行いた

いプログラム、園児と密に関われる少人

数での保育、そして一緒に働くメンバー

に魅力を...

April 13, 2018

いつも園児と遊ぶ公園に行くと

砂場に新しい砂がたくさん追加されてい

ました。

先日、公園を使わせていただいて

お世話になっている北山霊園の

所長さんのところへ、年度末の

お礼のごあいさつに伺ったときのこと、

砂場の砂の増量をお願いできたら・・

と 申し出ていたのでした。

すると間もなく、このように砂を足して

いただけたのです!

本当に有り難いことでした。

お砂遊びは園児たちにとって

重要な遊びのひとつです。

砂場はスコップやバケツ、お鍋やお皿な

ど「道具を使う」ということを学ぶ格好

の場所であるということ。

またごっこ遊びをすることによって

他者と関わり、協調性も生ま...

April 11, 2018

今日はお隣にあるレンタルスペース

「暮ら箱」で行っている耳育のレポート

です。

楽しそうに音楽にのってダンスしていま

すね!

『耳育』は英語講師のともちゃん先生と

リトミック・ピアノ講師のまーちゃん先

生がタッグを組み、子ども達に向けて

臨場感あふれるピアノの生演奏をバック

に、英語で絵本の読み聞かせを行いま

す。

幼少期にとにかくたくさんのネイティブ

な英語の音を耳に入れてあげること。そ

うすることによって、発音の小さな違い

も聞き分けられたり、正しい英語が体の

中に浸透していきます。

音楽は、絵本をドラマチックに演出して

くれます。まーちゃん先生は、場の雰囲

気や...

April 9, 2018

絵本をみんなで運んでいます。

どこに運ぶのでしょう!

何度も繰り返し、たくさん読んだ絵本を

今日は図書館に返します。

「このお話大好き」

「また借りてこようね」

絵本たちは一度お家に戻ってひと休み。

いろんな世界に連れていってくれて

ありがとう!

また会えるかな。

本はただの「物」ではなくて

ひとの手によって命が宿るよう。

子ども達は大切に運んでくれました。

April 2, 2018

4月から月2回のペースで

ベビーゴスペルのために来てくださる

真也先生。

今日の始まりは「Oh Happy day!」から!

暮ら箱でジーザスセンターを立ち上げた

牧師の真也先生は、いつも子ども達に

「神様がみんなを見守っていてくれる

よ」

と伝えてくれます。

感謝にあふれる毎日はHappy day!

になりますね。

歌やお話を通して、いつも神様に君達は

守られている、愛されているんだよと

教えてもらえること。

心の中に確かな安定感が築き上げられて

いきます。

君は愛されるために産まれた

君の将来は愛で満ちている

ばなな保育園でもよく歌われているこの

曲。

ゴスペルの歌は...

Please reload

特集記事

保護者の声(山口様)

August 20, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ