母にとって、子にとって

保育士である彼女のお子さんは、

姉弟でばなな保育園に通っています。

実は働くタイミングはまだ先のこと

と、思っていたそうです。

しかし、ばなな保育園で保育士として

働くきっかけをもらったときに

「何て良い機会なんだろう!」

と思ったとのこと。

家で子ども達と四六時中一緒の生活は

「離れて働きたい」と思う時もあった

り。

けれど現実的に保育園へ、と思うと

「まだ離れたくない」と思う。

矛盾しているようだけど

母であり、ひとりの人間である以上

この思いは誰もが抱える思いでしょう。

けれど、ばなな保育園のスタッフになる

ことは、両方叶えられるという夢のよう

な話でした。

実際に子ども達を預けて働いてみると

家の中でひとり2人をみるよりも

他のスタッフの関わり方、言葉かけなど

学ぶことが多く、自分の気持ちも

どんどん前向きに解放されると言いま

す。

そして思わぬ効果も!

家の中では喧嘩ばかりしている姉と弟、

保育園ではお互いを思いやる姿がよくみ

られるそうです。

ママにとっても、子ども達にとっても、

世界が広がっています。

特集記事
最新記事