火事が起こったら


最悪の事態が起きた時に

最悪なことにならないように

避難訓練は行われます。

園児たちにもわかりやすいように

絵と言葉ではっきりと伝えます。

まずは押さない。

あわてて押したら危険です。

しゃべるとスタッフの指示が聞き取れません。

忘れ物があっても戻りません。

大切なものは命です。

しっかりと話を聞いてくれています。

そして駆け出さない。

転んでしまう可能性もありますね。

火災報知器がなったらどうするか

カードを使っておさらいです。

そう!しゃべらずにスタッフの顔をみて

指示を聞きましょう。

何度も繰り返し、カードを使って想定することで

いざというときに備えます。

特集記事
最新記事