ばなな保育園のかに玉とは?


ばなな保育園での給食の始まりは

「食」に関する絵本や紙芝居、手遊び歌で始まります。

子ども達も楽しそうな雰囲気を感じて、自然と集まってきます。

ひと足早い時間に食べ始めた0歳児さんも

その楽しい雰囲気を感じています。

離乳食ももぐもぐと上手に

食べられるようになってきました。

一歳児さんからの給食、今日はかに玉です。

でもご飯と卵が別々になっていますね。

どうしてでしょうか。

 ばなな保育園でお預かりしている0~2歳児さんは

「食べることが好きになる」ことが特に大切な時期。

お行儀の良さをもとめるのではなく

フォークを使いたくなかったら手づかみでもいいよ!と

子ども達の気持ちを汲み取り、優先させています。

かに玉も、園児達が好きに食べやすいように

キッチンスタッフのアイディアでこのような形に仕上がったのです。

ニコニコと笑顔で、おいしいね!と

友達やスタッフと楽しんで食べるようになれれば

ゆくゆくは正しいマナーにも興味を持ち始めます。

そのためにもスタッフは、子ども達への

声かけを大事にしています。

小規模ばなな保育園の大きな利点は、

子ども達みんなに目が行き届いて声をかけてあげられること。

給食の時間も楽しい声が響いています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square