青空のおすそわけ


先日の晴れの日の昼下がり。

業務も終わり、スタッフも徐々に家路につく時間帯。

「青空のおすそわけ。こんな楽しい景色が、

 保育園の窓から見えました」

と、おすそ分けしてくれたのは

ばなな保育園の副園長。

彼女は長いことパステルアートに携わっていて

研ぎ澄まされた感性が、私たちに輝く青空を気づかせてくれました。

彼女が初めに言ったこと。

 「ばなな保育園では、スタッフのことを先生と

  呼ばないことにします。

  子どもも、大人も、みんな名前で呼び合います。

  名前を呼び合うことで、お互い親しみが沸いたり。

  子ども達を見守っているようだけど、

わたし達大人も、子ども達からたくさんのことを学ぶはず」

ここからばなな保育園は始まったのです。

今では子ども達も、スタッフのことをみんな名前で呼び合っています。

どんなことを考えているのか、

何を欲しているのか、いまどれくらい手を差し伸べたらいいのか。

子どもの目線になって接していこうと

名前で呼ばれるたびに原点に戻ることに気づかされます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square