幼児救急法講習


宇都宮中央消防署の方に来ていただいて

救命処置の講習をしていただきました。

今日はお隣の建築部門の方々も

お仕事の手を少し休めていただいて

一緒に参加してもらっています。

起きてほしくはありませんが

万が一、呼吸や心臓が止まるような事故や災害に

遭遇した時、とっさに取る行動が

生死を分けることがあります。

命を救うことができるかもしれない

心配蘇生法を体験することによって

しっかり覚えていきます。

大人、子ども、一歳未満の赤ちゃんの対応は異なります。

乳幼児の命を守るために

ポイントをよく確認しました。

現場監督さんも、AEDを使って実際に心配蘇生を行っています。

AEDが身近に置いてあり、

且つ、いざとなったら使える人が

身の回りにいてくれたら

心強いですね。

大人たちが救急法を学んだあと、

子ども達は救急車の中を見させてもらえました。

たくさんの用具、機器があり

ひとの命を救おうとする現場は

緊迫感が漂っています。

今回の講習会は誰にとっても

有意義な講習となったようです。

宇都宮中央消防署の方々、ありがとうございました。

特集記事
最新記事