ばななの日に思いを寄せて

ばななくん、いつもニコニコしながら

ドクターリフォーム・サンセイ、

ばなな保育園を見守ってくれています。

8月7日はバナナの日でした。

ひと皮むけるということで

リフォーム会社のマークに

そしてばなな保育園というネーミングに

バナナが使われています。

イベントでの給食に招かれた

現場監督の坂田さん。

いつも現場を駆け回り、建築スタッフと職人さんとの意思の疎通の架け橋となっています。

貴重なお仕事の話もしてくれて

子ど。子ども達も保育園スタッフも

興味深く聞き入っていました。

午前中にはバルーンアートの

プロフェッショナルの登場!

風船を自由自在に操って

何でも作ってくれます。

素材を活かして、作りたいものを

作ることができる。

もの作りの楽しさが、風船を通して

子ども達に優しく伝わっていきます。

ひと皮むけるというサブネームの

ばななくんが見守るこの土地で

建築スタッフ、保育園スタッフ

子ども達、そしてそこに関わる人々も

ひと皮、ふた皮むけながら

日々を前に進んでいくことでしょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square