小さな手と大きな手と


小さな手は、わたしたちスタッフの手と重なると

ギュッと握り返してくれます。

大人が手を添えることは

まだ小さな人達を

守るため。

そして「やりたい」という

自らの思いを

手助けするため。

どこでどれくらい

手助けをしてあげれば良いかは、

子ども達の目線に立って

ひとりの人として見てあげること。

母親とはまた違った立ち位置にいる

保育園のスタッフ達。

この関係だからこそ

見えてくるものもあります。

そうした関わりあいの中で

子ども達は、家以外にも

安心した居場所を作っていきます。

ばなな保育園という

初めての小さな社会に

溶け込んでいるのです。

幼少期の経験は

地面の中で広がる根っこのようなもの。

根がしっかりしているからこそ

やがて太い幹が育ち、

多くの葉が生い茂っていくのです。

特集記事
最新記事