英語のシャワーを浴びて一年後


ばなな保育園が開園して、もうすぐ一年になります。

ともちゃん先生の「えいごあそび」ももうすぐ一年。

初めは「えほん持っておいでー」と、ともちゃん先生が言っても

恥ずかしがっている様子でしたが、

いまでは順番に、先生のお膝に座って

居心地良さそうに英語の絵本を読んでもらっています。

ばなな保育園のプログラムの先生も

「タッチ」「お膝に座る」「帰り際のハグ」など

スキンシップをたくさんとっているので、

この一年で子ども達との距離がぐんと近くなりました。

ともちゃん先生は、一年で子ども達から

絵本の読み聞かせの時には一緒に

単語がポロポロと出てくるようになったと言います。

「発音もちゃんとしているんだよ」と。

英語の歌も一緒になって歌っている様子に

成長を感じています。

新しく入園したお友達、不思議そうにともちゃん先生を

見つめながらも、自然と耳に英語が入ってきているようです。

赤ちゃんは次第に使わない言語の音は排除していくといいます。

意味はわからなくてもシャワーのように英語の音を聴きながら

体のなかに英語を聴く力が育まれていくことでしょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square