いのちを守る責任

ばなな保育園では、毎月訓練を行って

防災への意識を高く持っています。

いざというときに

子ども達、そして保育スタッフが

あわてずに対応できるようにと

災害、不審者など様々な訓練を行っています。

身を守ることの大切さを

わかりやすく子ども達に伝えられるのは

絵本や紙芝居が役に立ちます。

そして実際に防災ずきんをかぶり

本番さながらの訓練が始まります。

ここで大切なのは緊迫感。

実際に災害がおきたらを

想定しながら意味のある

訓練にしていきます。

大切なこども達の命を預かる責任。

スタッフひとりひとりが最良な判断が

できるようにと心がけています。

特集記事
最新記事